【取材】「#僕らのSnapmart」って知ってる?撮影会企画者に直撃インタビュー


こんにちは、Snapmartの川北です。
今回は、Snapmartのクリエイターさんで素敵な活動を企画している方がいたので、直撃インタビューをさせていただきました。



「#僕らのSnapmart」って知ってる?

第1回目撮影会の集合写真(引用:ito-takaさんTwittter

#僕らのSnapmart とは、Snapmartクリエイターさんが自主的に開催している、非公式撮影オフ会です。ポートレートやブツ撮りなど様々な写真撮影にチャレンジしてみようと活動しています。

現在、関東で4回実施。また、その波が関西にも広がって、関西でもすでに3回開催されています。

今回は、Snapmartとして、「もっと写真を楽しんで、写真を通じて可能性を広げて欲しい」という想いの元、こちらの素敵な活動の紹介をするべく、

その#僕らのSnapmartを企画してくださった、関東の発起人の3名のクリエイターさんに、こちらの撮影会の魅力をインタビューさせていただきました。

発起人3人はどんな人?

左から、いとたかさん、あみさん、numaさん

(左)いとたかさん:ito-taka

普段のお仕事:紙・WEB・動画のデザインチームを組織しているフリーランスディレクター
使用カメラ:iPhoneとCannonG7marks2
好きなもの:甘いものパンケーキ

(真ん中)あみさん:artnart

普段のお仕事:FULLHOUSEメディア執筆、編集
メディアtorothyTABI CHANNELでSnapmartを活用中
使用カメラ:Canon EOS RP
好きなもの:カフェ巡り(池袋コーヒーバレー)

(右)ぬまさん:numa0417bb

普段のお仕事:TABIPPO旅行系、広告の運用
使用カメラ:SONYa72とOMDEM10
好きなもの:旅、HARIBO

撮影会企画のきっかけは?

いとたかさん:

2017年に僕が参加した、Snapmartの一周年記念の、池袋にある、泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」での撮影会がとても面白いなぁと思って「もっとやりたい」と思ったからです。
Snapmart1周年記念撮影会イベントより

 

また、当時上京をしてきて、東京に友達がいなかったので、写真の友達を作ろうと思い、東京のSnapmartのmeet upでお会いしていた、あみさんに声をかけました。

あみさん:

私がその時にいとたかさんに、会ったのがきっかけで、その後、ビジネス写真の撮影のために、わざわざ名古屋まできたんです。笑

あの頃あまりSnapmartでの繋がりも少なかったので、報酬率アップのための獲得条件の一つである、モデルリリースのメダル獲得のために、2人で撮ってモデルリリースの取得をしあいました。

Snapmartのメダル獲得と報酬率の表

その時に、「モデルリリース取得のメダル獲得のために、撮影会をやれば、レベルアップするんじゃないか?」と思いつきました。

 

その後どうやって、第一回目の撮影を企画実行したのでしょうか?

 

あみさん:一回目の撮影会企画は、スペースマーケットなどを使って探しました。

写真撮影可の項目をみて探しました
ちなみに、写真撮影が可能な会場か、また商用での写真撮影利用は別途料金がかかる場合もあるので、かからない場所を探しました。

一回目開催してどうでしたか?

いとたかさん:その時は、会場費用、その他撮影道具などで、実は運営としては赤字だったので、一回目開催の反省点ではありました。
正直、僕の自腹でピザを買ってたりしたので笑

そして、その時の第一回目に、参加してくれたnumaくんが「いい企画」って言ってくれたのと、その他の参加者の方も「またぜひ参加したい!」と言ってくれた人がいたので、二回目以降に、主催者として加わってもらいました。

二回目の開催はどうでしたか?

あみさん:参加した人がもっとやりたそうだったものにフォーカスしました。

numaくんが勤める、TABIPPOさんのオフィスが空いているということで、会社の紹介をしつつ、会場を活用させていただくことになりました。


第2回目集合写真@TABIPPOさんオフィス

 

やってみてよかったと感じたストーリーは?

あみさん:参加者の人が、TWで売れた報告しているのを見た時です!

いとたかさん:友達がいない僕に友達ができた!(笑)

numaさん:実は#僕らのSnapmartが関西でも広がっているのですが、少しづつ広がって行くのはとても嬉しいです。目指せ全国47都道府県!!

 

今後 #僕らのSnapmart の全国にパスを回して行く場合、主催オーガナイザーにアドバイスするとしたら?

あみさん:地方だったら、集めるのが大変かもしれないですね。

いとたかさん:そのため、最初から大人数を集めようとせずに、まずはゆるく繋がった人が少人数で敢行してもいいと思います。

numaさん:あと人物撮影した時には、モデルリリースの申請をしなければいけないから、お互いSnapmartクリエイターだとリリースの申請が楽だと言ってる人がいました。

今回の、取材を通じて、3人の仲の良さをより一層感じました。3人のバランスを教えてください。



頼んだパンケーキにかけるチョコソースが、いいい感じではなかったことを怒られる、いとたかさん。

いとたかさん:ふわっと
あみさん:現実言語化
numaさん:保守運用

3人でよかったことは、2人だと、意見が違かった時にどうしようってなるからおすすめです。

それぞれタイプの異なる仲良しのバランスの取れた3人だからこそ成り立ってるんですね!
第3回目のism campusさんでの写真もみなさん好調に売れているようですね。

 

そして第4回 #僕らのSnapmart が2019/04/20(土)に開催!

「写真友達を作りたい!」「Snapmartの売れてる人に話を聞いてみたい!」
という方はぜひ参加されてみては?
https://our-snapmart004.peatix.com/

参加したら押さえたい3シーン

(1)毎回恒例?「ぬまたか」ショット?


売れた報告も!


(2)なかなか取れない!大人数モデルリリース必要人物写真

(3)小道具を使ったシーン撮影

今回は、関東の元祖発起人の3名にお話を伺いました。あみさん、いとたかさん、numaさんありがとうございました!


numaさんが作った#僕らのSnapmart イベントの様子はこちらのタグから。

 

関西でも開催の流れが?



第一回目から「関西でも開催して欲しい〜」というお声があった、「ぼくすな」。
関西でも #僕らのSnapmart が開催されているんです。

ぜひ写真がきっかけで、クリエイター同士の輪が広がっていくと、スナップマート運営一同嬉しく思います。これからも、よろしくお願いします!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSnapmartをフォローしよう!