「ブツ撮りライト」事例紹介-カタログ写真を抜け出そう-

 

 

みなさん、こんにちは。
スナップマート事務局です。
本日は、企業のご担当者に向けて、スナップマートでご提供している
SNS向けの商品写真撮影をリーブナブルに依頼できるプラン「ブツ撮りライト」の事例をご紹介いたします。

スナップマートでは、
✔︎フォロワー1万人以上のインスタグラマーによる商品撮影プラン 
をリリースしてから1年3ヶ月が経過しました。

なかなか表に出してOKな事例がないのですが、

インスタグラマーによる商品撮影プラン
「カタログ写真を抜け出そう」をキャッチコピーに、SNSで反応の良い写真を納品してます。

外資系デパコスブランドさんや飲料メーカーさんのInstagramでの発信写真素材や、
商業施設のイベントLPサイトの写真素材など、様々な業界の企業様からご依頼頂いています。
納品写真のインスタでの反応は、通常よりも1.5~2倍良くなっており、
リピートでのご依頼が多いのが特徴です。


しかし、15枚128,000円〜

この枚数でいきなりご注文をしてくれるのは、
SNSに力を入れよう!と会社の方針で決まっている一部の企業様のみ。

SNSの魅力は、会社の大きさや知名度に関わらず、
工夫をすれば、スポットライトが当たるようになりそれが売り上げにも繋がっていく所です。

SNS頑張ってみたいな…と思い始めた全ての企業様/個人事業主様が
もっと気軽に、まずはお試しで頼めるサービスをっと今年リリースしたのが、
「Snapmart認定クリエイターによる商品撮影プラン」

通称「ブツ撮りライト」https://light.snapmart.org/ です。

【「インスタグラマーによる商品撮影プラン」と「ブツ撮りライト」の違いって?】

①撮影するフォトグラファー
インスタグラマーによる商品撮影プラン:
フォロワー1万人以上のインスタグラマーが撮影
自身のアカウントをそこまで育てたからこそInstagramでどのような写真が反応があるか熟知している点や、撮影仕事の経験値が高いのが特徴です。

ブツ撮りライト:
Snapmartのトップ0.1%に相当する人気クリエイターが撮影
Snapmartのアンバサダープランなどでの商品撮影のスキルをみて、
スナップマート事務局からスカウトをしております。
フォロワー数は1万人以下です。

②ディレクション

インスタグラマーによる商品撮影プラン:
スナップマート事務局のディレクターが、企業様とインスタグラマー様の間に入り、
商品ブランドのターゲットや世界観などをヒアリングしながら、
撮影シーンの決定をいたします。

ブツ撮りライト:
認定クリエエイターの決定後は、企業様と認定クリエイターは直接やり取りをして頂きます。

③枚数やお値段

インスタグラマーによる商品撮影プラン:
15枚(5背景×3枚):125,000円〜

ブツ撮りライト:
3枚:11,340円〜
モデル有無、商材などによって、¥11,340-¥34,020(税込)でお見積もりいたします。

どちらのプランも
スタジオ代、小物代などは不要で、写真の簡単なレタッチなどもフォトグラファーが行なっております。

【ブツ撮りライトでの事例紹介】

今回事例紹介にご協力頂ける事になったのでご紹介させてください!

ご依頼企業様:テレビショッピング研究所様

「ブツ撮りライト」でご依頼頂いたのは、下記のような内容でした。

ブツ撮りライトプランでご依頼頂いた撮影商品:「フローレス」というコードレス電気シェーバー

ご希望テイスト:かわいい、キュート、ガーリー
商品ターゲット:
10代後半~30代 学生、OL、美容に興味がある女性
その他ご希望:
人物を使って利用シーンがわかるような写真も欲しい

 

スナップマートの認定クリエイターを3名ご提案し、
そのうちの2名の方に、4枚ずつ撮影を依頼して頂ける事になりました。

2名の認定クリエイターさんのご自宅に商品を送って頂き、いざ撮影!
認定クリエイターさんはこんな素敵な写真を納品してくれました。

認定クリエイターoccadaaさんの納品写真:
ポートフォリオURL: https://snapmart.jp/portfolios/occadaa?sort=popular

認定クリエイターh_1531さんの納品写真:
ポートフォリオURL: https://snapmart.jp/portfolios/h_1531

 

納品写真利用方法:
▼イメージムービー
https://www.youtube.com/watch?v=8OJ7mAh3FmU


▼商品ページ
http://direct-teleshop.jp/shop/g/flawless-nm-a/


あと、商品LPなどにも使ってくださっているとの事。

お話を伺ってみると、テレビショッピング研究所様は、
テレビ通販の会社なので映像は先行して撮影するけれどスチール素材がない場合が多かったとのこと。テスト段階の商品も低予算でクオリティの高い商品撮影を依頼できることが魅力的なサービスだと感じましたという感想をいただけて、この後、3商品ほどリピート依頼をしてくだりました!


【ブツ撮りライトの依頼方法】

 

下記URLより、撮影を検討されている商品やイメージなどをご記入してお問い合わせください。

撮影可能な認定クリエイターのポートフォリオとお見積もりをお送りいたします。

https://light.snapmart.org/

インスタグラムに、購入までダイレクトに行えるショッピング機能がついた事により
ますます、SNSでの写真素材は重要になってきています。

  • ✔︎自社でSNSっぽい写真が撮影出来ない
  • ✔︎プロのカメラマンさんにお願いするほど予算がない
  • ✔︎インスタグラマーのようなセンスのいい人に写真を撮ってもらいたいけどどうすればいいかわからない
  • ✔︎スタジオ代や小物代などにいくらかかるのかわからなくて不安

    このようなお悩みをお持ちの企業様、個人事業主様。
    「Snapmartのブツ撮りライトプラン」是非、ご検討ください。

    ▼Snapmartの新着コンテスト情報・事例紹介情報を発信しています。
    出品者向き

    購入者向き


    ▼この記事のシェアはこちらから

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSnapmartをフォローしよう!