おうち撮影をワンランク上げる!背景シートのおすすめ活用Tips

作ったお菓子やお気に入りの小物など、「自宅でささっとおしゃれに撮影したい」という方は多いと思います。

ただし、自宅撮影は、日々の生活で使う余計なものが入ってしまうため、「写真を撮るのが難しい…」と感じてしまうことも。

そんな時にぜひ試してほしいものが、背景シートや背景紙。

背景を少し変えるだけで、自分の部屋で撮ったとは思えないほど、写真のクオリティが大きく変わります。

今回は、実際に背景を工夫して撮影してみた様子と、背景づくりにおすすめのアイテムを紹介したいと思います!

背景シートとは

背景シートとは、その名の通り、写真の背景に使うシートのこと。

白や黒などのシンプルなものから、大理石やタイル柄などおしゃれなものまで幅広く販売されており、被写体の下に敷いたり、後ろに置くだけで、写真の印象が大きく変わります。

シートだけでなく、紙やボードになっているものもあるので、自分好みのものを選んでいただければOK。

サイズは様々なものが販売されているので、被写体や撮影スペースを考えて、自分に合うものを選ぶことがベスト。

大きいものの方が使いやすいですが、最初のうちは、値段も手頃なA4〜A3サイズの撮影シートを選んで、試してみることもおすすめです。

実際に背景シートを使って撮影してみた

実際に、家で背景シートを使って撮影してみた様子を紹介します。

まずは、リビングのテーブルで撮影。

なんだかイマイチ…。

机のコーティング感があまりおしゃれじゃないですし、色ももう少し違う方が、商品がきれいに写りそうですね。

ということで、背景シートを敷いて撮影してみます。


使ったものはA4サイズの大理石風のシート。大きさが足りないので、2枚使って撮影しました。

※切れ目は目立たないように、後から編集しています(Snapseedのシミ除去で手軽に消すことも可能です!)

さっきと全く同じ条件で背景だけ変えているのですが、印象が全然違いますね
机のテカりも気にならなくなり、写真がよりおしゃれに見えます。

せっかくなので、光が入る窓際に移動して撮影。

撮影環境は、かなりシンプルです。

この環境で撮影した写真が、こちら↓

窓の近くに移動させるだけで、写真の印象が変わりましたね。

窓際に被写体を置くことで、光が入り、立体感のある写真になりやすいです。

背景シートがない場合は、テーブルクロスや洋服を使うこともおすすめ。

色や質感を変えるだけでイメージが大きく変わるので、お気に入りの背景を見つけてみてください。

また、大きいサイズの撮影ボードや壁紙シートを立てて使うと、よりおしゃれな空間をデザインすることができます。

A1サイズのボードを立てかけて撮影した写真がこちら。

撮影の裏側はこんな感じで、全然おしゃれではないのですが、おしゃれな部屋の中で撮影したような写真に大変身します。

※「フォトデザインボード」を使用

立てかけることができない壁紙を使う場合は、壁にテープで貼り付けたり、物干しスタンドに吊るすことで、背景を作り出すこともできます。

こちらはスナップマートの岡が実際に壁紙を使って撮影した様子。

壁紙をテープで止めただけの簡単仕様ですが、写真ではそう見えないので、気軽に使うことができます。

テープで付けたり外したりできるので、撮りたいシーンによって変えられることも嬉しいポイント。

ちなみに壁紙を購入される時は、「のり付き」ではなく、「のり無し」を選ぶことがおすすめです!
(のり付きは最初から接着剤が付いてしまっているので、取り外しが大変です…)

また、壁紙を使う際にはシワが付かないように注意が必要。本物の壁やテーブルにシワは存在しないので、リアリティが損なわれてしまいます。

他にもこんなアイデアが!背景を工夫して撮影した写真たち

室内の撮影をされる機会が多いSnapmartユーザーさんは、背景に関して様々な工夫をされていらっしゃいます。

教えていただいた一部を紹介します。

木質ボード×ベニヤ板で撮影

木質ボードとベニヤ板を2枚使うことで、ナチュラルでおしゃれな雰囲気の写真を撮影。

板を組み合わせるだけで、カフェみたいな空間を作れるとは!驚きです…。

1枚使うだけでもダイニングテーブルのような雰囲気で撮影できるので、非常に便利そうです。

(Photo by numaさん @megane_numa

ちなみに、薄い足場板を使って、撮影に使用されているというご意見も。

木目調の背景は汎用性が高いので、何かしら持っておくといいですね。

ベッドにクッションフロアマットを敷いて撮影

撮影スペースは広い方が写真を撮りやすいのですが、「家にそんなに広いスペースがない」と悩む方も多いのではないでしょうか。

そんな時に使えるのが、ベッド!

ベッドにクッションフロアマットを敷いて撮影することで、広いテーブルで撮影しているような写真が撮れる、ナイスアイデアです。

(Photo by ちーぼーさん @hiilagram

本棚すらも壁紙!フェイクな空間活かして撮影

こちらの写真は、背景の本棚がなんと壁紙!

主役となるアンティークな洋書と合っていて、本物の本棚だと信じ込んでいました…!

こんな風に、写真の主役やコンセプトに合った背景を選んでみることもおすすめです。

(Photo by cheemamaさん @cheemama0903

おしゃれなおうち写真は、背景を工夫することが第一歩!

手軽に購入できる背景シートから、使い勝手の良いおしゃれな壁紙まで。

様々な背景の工夫を実践することで、家の中でも何パターンもの撮影をすることができます。

自分の撮りたいイメージに合わせて、お気に入りの背景を探してみてくださいね。

Snapmartの販売写真やアンバサダー写真の撮影にも使える技なので、ぜひ試してみていただけるとうれしいです!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSnapmartをフォローしよう!