背景がきれいにボケた写真を撮ろう!簡単に実践できる3つの法則

背景がきれいにボケた写真やキラキラ玉ボケの写真。

写真の中にボケが入るだけで、立体感が生まれたり、主役の魅力が引き立ったり。

写真を撮る上で、「ボケ」は欠かせない要素です。

ただし、何も考えずに撮影しても、背景ボケ写真はなかなか撮影できません。

そのため、「うまくボケた写真が撮れない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

実は背景のボカし方には、基本的の法則があります。
その基本さえ覚えたら、誰でも簡単に背景がボケた写真を撮ることが可能。

今回は、そんな写真の背景のボカし方について、解説します。

工夫次第で、スマートフォンでも背景をボカした写真を撮ることは可能。

カメラを持っていない方も、ぜひチェックしてくださいね。

背景がボケた写真を撮るための3つの法則

①F値を下げる

写真にきれいなボケを入れるための基本の法則、1つ目はF値を下げることです。

F値とは、カメラに光を取り込むためのレンズの穴の大きさのこと。
F値が低ければ低いほど光がたくさん入り、F値が大きければ大きいほど光が入りにくくなります。

このF値を下げると、カメラに光がたくさん取り込まれると同時に、写真のピントが当たる範囲が狭くなります。

その結果、ピントを当てている部分以外がボケることに。

つまり、同じ場所から同じ被写体の写真を撮ろうとした際に、レンズのF値が低ければ低いほど、背景がきれいにボケてくれます。

実際にF値を2に設定した写真と、8に設定した写真がこちらです。

F2で撮影

F8で撮影

F8で撮影した写真は背景がくっきり写っているのに対して、F2で撮影した写真は、背景がボケているのがわかると思います。

ちなみに、カメラを購入したばかりの方は、キットで付いているレンズを使っている方が多いと思います。

キットレンズの場合、最低F値が3.5ぐらいまでしか下がらないレンズが多いので、「ボケ量の大きい写真が撮りづらい」と思う方が多いかもしれません。

そんな方は、次からの項目を参考にしてみてください。

②望遠レンズを使う

写真にきれいなボケを入れるための基本の法則、2つ目は望遠レンズを使うことです。

望遠レンズとは、遠くにある被写体をアップで撮影できるレンズのこと。

実はF値が同じでも、広角レンズで撮影した場合と望遠レンズで撮影した場合は、ボケ方が全く違います。

この写真はどちらも同じF値で撮影していますが、望遠レンズの方が圧倒的にボケていることが伝わると思います。

広角レンズ(18mm)F2で撮影

望遠レンズ(135mm)F2で撮影

全体的に広く映す広角レンズよりも、望遠レンズを選ぶことで、背景がきれいにボケた写真を撮ることができます。

そのため、「F値を下げられるレンズを持っていない」という方は、ぜひ自分の持っているレンズの中から、望遠レンズを選んで撮影してみてください。

焦点距離:135mm
F5.6で撮影

こちらの写真はF値を5.6に設定していますが、望遠レンズで撮影したため、背景が比較的ボケています。

F値が下がらなくても、望遠レンズと使うことで、背景がボケた写真が比較的撮りやすくなります。

③被写体とカメラ・背景の距離を工夫する

写真にきれいなボケを入れるための基本の法則、3つ目は被写体・カメラ・背景の距離です。

実は、被写体の置き方や背景の選び方で、ボケ方が大きく変わります。

1、カメラ(レンズ)と被写体の距離は、近ければ近いほど背景がボケる

まずは、カメラと被写体の距離について。
カメラと被写体の距離は近ければ近いほど背景がボケます。

被写体とレンズを近づけて撮影

被写体とレンズを遠ざけて撮影

そのため、背景をぼかしたい場合は、被写体に近づいて撮影することがポイント。

ただし、カメラのレンズは最短撮影距離というものがあり、あまり近づくとピントが合わなくなるので注意です。

2、被写体と背景の距離は、遠ければ遠いほど、背景がボケやすい

続いて、被写体と背景の距離について。
被写体と背景の距離は遠ければ遠いほど、背景がボケやすいです。

そのため、被写体と背景の距離が遠い、「抜けている背景」を選ぶことで、ボケ量の大きい写真を撮ることができます。

たとえば、壁のすぐ近くに被写体を置いて撮影しても、背景である壁はあまりボケてくれません。

一方で、被写体と背景である「壁」を離して撮影すると、先ほどよりも背景がボケていることがわかると思います。(どちらも撮影時のF値は同じです)

背景をボカした写真を撮るためには、被写体とカメラ・背景の距離を考えて、アングルや撮影場所を調整することが大事です。

スマートフォンでも工夫次第で、背景がボケた写真を撮ることができる

ちなみに、今回お伝えした「背景ボケの3つの法則」は、スマホカメラで写真を撮るときも同様です、

・望遠レンズを選ぶ(デュアルカメラ・トリプルカメラの場合)
・カメラに被写体を近づける
・被写体と背景の距離が遠くなる位置で撮影する
・F値を下げる(ポートレートモードなど、F値を調整できるカメラが搭載されている場合)

ということを念頭に置いて、撮影してみると、背景をボカしやすいです。
ぜひ試してみてくださいね。

カメラ初心者の方は、背景ボケの写真からマスターしてみよう!

背景がきれいにボケた写真を撮ることができるようになると、それだけでカメラが楽しくなります。

また、写真の中にボケが入ることで、主役となる被写体を強調させることができるため、商品撮影やポートレート撮影の際にも役立ちます。

「背景がボケた写真が撮れない」悩んでいるカメラ初心者の方は、今回紹介した内容を実践して、「ボケ」を使いこなしてもらえるとうれしいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSnapmartをフォローしよう!