【イベントレポート】オフラインセミナー「商品を魅力的に見せるライティング講座(大阪)」

12月10日に開催された、オフラインセミナー「商品を魅力的に見せるライティング講座(大阪)」
フォトグラファーの加藤幸秀さんを講師に迎え、ライティング機材を使った商品撮影の方法を教えていただきました。

当選された7名のスナップマートクリエイターの皆様にご参加いただき、座学から、ライティング機材を扱っての実践見学まで、じっくり学んだ半日。

今回は、そんなイベントの様子をレポートでお伝えします。

講師のご紹介

講師:加藤幸秀さん

京都芸術大学卒。
約5年間化粧品のパッケージメーカーにて勤務。
プロダクト、グラフィックデザイン、商品撮影を担当。
その後フリーランスフォトグラファーとして活動を始める。
商品撮影を主とし、人物、インテリア、料理の撮影なども行なっている。
その他、ウエディング前撮り、家族写真、お宮参りなどの経験もあり。

加藤幸秀さんのInstagram

イベント内容

①座学にてライティングの基礎を学ぶ

まずは座学にて、ライティングの基本的な内容を学びます。
ストロボの仕組みや撮影における注意点、操作方法など、ストロボを使って撮影する方法について学びます。

②実践講習で、撮影の裏側を見学

座学の後は、ライティングの実践講習。
今回は、講師が撮影している様子を見学し、学ぶ形式でした。

用意されたセットで、撮影を実践。

自然光に見える強い光や印象的な影を写真に入れる方法、クリエイティブな影を出す方法など、さまざまなシーンを実践で教えてくださいました。

印象的だったのは、どの撮影でも、私たちが手軽に用意できるものばかりを使っていらっしゃったこと。

水の影を撮影する際のアクリルボックスは100円ショップ、ドラマチックな光と影を生み出すプリズムはアマゾンで1000円前後と、プチプラなものばかり。

このクリエイティブな影は、なんと余った段ボールを切って生み出したもの。
加藤さんのセンスとアイデアに、参加者のみなさまのメモを書く手が止まりませんでした。

③スタイリングのコツや、写真を仕事にするまでの道のりについてのトーク

続いては、商品撮影を行ううえで欠かせないスタイリングのポイントやフロップの調達方法についてのトーク。

SNSに溢れている写真ではなく、目を引く個性を作るためにはどうしたら良いのか。商品の華やかさを演出するためには、どんなことを工夫しているのかなど、論理立ててわかりやすく伝えてくださいました。

フロップの調達については、関西のおすすめのお店をご紹介。背景に使える紙の専門店やお花など季節の小物を購入できる場所など、今後の撮影に役立つ情報がたっぷり。

特に背景紙についてはPVCやタントなど、背景に適した紙を使うことで、写真のクオリティを上げられると教えていただき、参加者のみなさんは興味しんしん。

値段も安いものが多いので、背景に悩む方は一度見てみてはいかがでしょうか?

また、加藤さんご自身のキャリアについても、興味深いお話がたくさん。

今や様々な企業の商品撮影をメインにフォトグラファーとして活躍されている加藤さんですが、独立当初は苦労されたことも。キャリアの積み方や写真の勉強方法を語っていただきました。

講座最後には質問コーナーも実施。解散後も機材の質問や撮影の悩みなどを個別で質問されている方も多く、ストロボや商品撮影についてじっくりと理解を深められた場になりました。

イベントに参加された方の感想

イベント終了後、SNSやアンケートで、たくさんのお声をいただきました。
その一部を抜粋してご紹介。

はじめてのライティングの講座を受けましたが、初心者にもわかりやすい内容でやってみたいという気持ちになりましたし、これならできそうという気持ちにもさせていただきました。また、ご自身の経歴や実際に使っている機材やアイテムの工夫なども詳しく教えてくださったり質問にも丁寧にもお答えいただき大変為になる講座でした。ありがとうございました。

 

単純なライティングの技術だけでなく、加藤さんがこれまでどうやってお仕事を獲得してきたのか、また独学で学んできた方法なども知れて、フリーランスとしてとても勉強になりました。

 

ライティングのお話しだけかと思っていたのでスタイリングや、講師の方の経験談等も聞かせていただけて、とても参考になりました。ありがとうございます。

 

1人で勉強するのが、なかなか難しいライティング。
だからこそ、目の前で撮影されている様子を見て学べるのは、とても勉強になったことと思われます。

スナップマートでは、これからもこのようなライティングの勉強会を定期的に開催したいと思っておりますので、次回の開催もお待ちいただけると嬉しいです。

 

 

▼iOS 

▼Android

 

▼twitter
▼facebook
▼Instagram