Snapmartのルール

スナップマートでは、下記のような写真の出品を禁止しています。

1.他の人が撮影した写真(著作権が自分にない作品)

例)インターネットやSNSなどでコピー(またはキャプチャ)した写真。雑誌の切り抜き、テレビのスクリーンショットなど。

2.モデルに出品の許可をもらっていない写真

個人が特定できる人物が写り込んでいる写真は、必ず写り込んでいる人の許可が必要です。なるべくモデルリリースを取得するようにしましょう。

不要な場合:群衆(顔がはっきり写っていない場合)。帽子やサングラス、マスク等で顔が覆われており人物が特定できない場合。

3.他人のプライバシーを侵害する写真

4.公序良俗に反する写真

 

また、下記のようなケースは「クローズド販売」という形で、特定の企業や団体(商標や土地等の権利保有者)のみが購入できるようになっています。これらの写真は、一般の方は購入することができません。

1.企業のロゴマークなどの商標が写り込んでいる写真

2. 私有地で撮影された写真

3.有名建築物が写り込んでいる写真

なお、上記の場合でも権利者が許可をしているものについてはクローズド販売ではなく通常の形式でオープンに販売される場合もあります。

なお、自分でクローズド販売を設定するには、写真のタグ付けで「クローズド」というタグをつけると自動的にクローズド販売になります(同時に商品名・ブランド名・企業名などのタグも入れておくと売れる確率がアップします)。

closed_tag

クローズド販売のしくみは、スナップマート独自のものです。

たくさんの企業があなたの魅力的な写真を欲しがっているので、どんどん撮影してタグ付けして販売してみましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSnapmartをフォローしよう!