フォロワー6万超えのインスタグラマーがおすすめする「いいね」される簡単な5つの撮影のコツ


こんにちは。この度4月からスマホで写真が売り買いできちゃう「スナップマートに正式に社員として入社しました「のん」です😊
写真を撮るのが好きで、よく国内や海外旅行しています📷

実は私はInstagramのフォロワーが6万人超えで写真大好き人間です!
上の写真は私が撮影したものです✨🙇普段はこんな写真を撮っています▶︎ @moron_non

実際に売上3万円超えの私がInstagramで培った「売れる」写真のノウハウを、今後みなさまにご紹介させていただきますので、よろしくお願いいたします🙏

まず今回は「いいね」がもらえ&売れちゃう写真を撮る簡単な5つのSTEPを分かりやすく説明しちゃいます!

テーマは「食べ物」で説明しますが、「人物」や「ペット」でも同様のことが言えるので、是非NG例OK例で参考にしてみてくださいね✨

STEP1 余計なものを入れない

まずは惜しい写真から💁



記録で撮る分には全くいい写真なのですが、「売る」となるとちょっともったいない😭
そこで、写真を撮る前に余計なものをテーブルから片付けてみましょう✨

・余計なものをいれない
・主役は何かはっきりさせる

▼例えばこのようになります!

No.8360 食べ物
photo by Nao1223さん

No.3163 食べ物
photo by at_bobbyさん

中途半端に余計なものを入れないだけで、とってもスッキリしました!

STEP2 自然光を入れて美味しそうに撮ろう!

まずは室内で撮影した惜しい食べ物のお写真💁


初級編で習った通り、余計なものは入っていませんが、なんだか美味しそうじゃない😭
そこで、光をうまく取り入れて撮ってみましょう♪

・自然光で撮影してみる

・室内なら窓際!屋外なら日向!

No.2516 食べ物
photo by AMEHTMさん
No.4610 食べ物
photo by hiro_o918さん

自然光で撮影するだけで、立体感が出た上に食べ物が美味しそうに見えました😍実際に売れている写真を見ていても、自然光で撮った明るい写真が多いです😎

STEP3 アングルを変えて背景を入れてみよう

ただ食べ物とテーブルを撮るだけでももちろんいいです👌
しかしせっかくのお出かけ、旅行先でしたら、そのお店の内装や景色を少し入れてみるのが断然おすすめ🌴☀️

・席に座って見える目線ではなく、外したアングルから撮る
・あえての食べ物を真横から撮る

No.273112 食べ物
photo by natsumi3ydさん

No.10742 食べ物
photo by yutoroさん

ただ食べ物などを撮るだけではなく、背景も入れるだけでどんな場所なのかも分かりストーリー性がありますね🌸☕️
思わず「いいね」を押したくなってしまいます💕

No.430897 食べ物
photo by moron_nonさん

自然光で撮ることができない店内でも、料理と店の雰囲気を一緒に撮るだけでもかなり雰囲気が出ますね🍺

STEP4 あえて手を入れてみるよう

食べ物だけでなく、手を入れて「写真に動きを出す」のもおすすめです。

・カップを持つ
・ナイフやフォークを持つ

No.201506 ファッション
photo by hrk3312さん

No.412178 パンケーキ
photo by Lila63さん

No.279397 食べ物
photo by chiaokingさん

食べようとしている「動き」がでてよりメッセージ性が出ました✨


STEP5 撮って終わりはもったいない!明るく編集してみよう

夜や部屋の中、自然光でも影で暗くなってしまう時は、「明るくする」一手間だけで写真の印象が全く異なります。
例えば、こちらの既に思わず「いいね」したくなる可愛い女性のお写真ですが…

加工するとこんなに雰囲気が違います😳

Snapmartのおすすめ加工アプリは以下のブログで詳しく紹介しいます✨
▶︎最強の加工アプリを発見!「Snapseed」の賢い使い方

いかかでしょうか?
是非参考にしてInstagramやTwitterにあげたお写真をスナップマートで販売してみてくださいね💕

▼Snapmartの新着コンテスト情報・事例紹介情報を発信しています。
出品者向き

購入者様向き

▼この記事のシェアはこちらから

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSnapmartをフォローしよう!