アンバサダー受賞経験者に聞いた!テーブルフォト撮影の3つのポイント

こんにちは、もろんのんです。
今回は、「テーブルフォトをもっと上手くなりたい!」「人気のクリエーターさんのお話を聞きたい」というたくさんの要望から、Snapmartの企業主催アンバサダーなどで受賞経験者のmoririnmamaさんに、インタビューをさせていただきました。

目次
・写真とSnapmartを始めたきっかけ
・使うカメラと加工アプリ
・テーブルフォト撮影時に気をつけている3つのポイント
・Snapmartで写真を始めてから変わったこと


 

▼moririnmamaさんのポートフォリオ
moririnmamaさんのアンバサダー受賞歴は
・マンダムビフェスタ
・レールデュサボン
・キリンビール
・ネスレポーションなど多数!

でもそんな、moririnmamaさんも、初めからアンバサダーで受賞ができるほどたくさん写真をやられてた訳ではないんです。
受賞したり、企業から撮影依頼がくるようになるまでについて、インタビューをさせていただきました。


写真とSnapmartを始めたきっかけ

こんにちは、いつもありがとうございます。普段moririnさんは何をされているのでしょうか?

鍼灸院で医療事務をしています。 二児の母です。

▼初期にSnapmartで売れた写真

Snapmartを始めたきっかけは何ですか?

一眼レフの写真の撮り方をネットで調べていた時に、フォトストックのSnapmartさんを発見。「誰でも簡単にスマホから出品出来る、面白いものにたどり着いた!」と思いました。 
私はほぼワンオペ育児だったため、30才で自分の歩みを止めてしまっていました。でもそろそろ、また自分の道を歩き出すのもいいかな〜と思いました。 

またその頃、小学校PTA広報の役員をやっていて、皆んなで写真を撮ってはチェックする時に、皆や、中国人のママに「上手に撮るね〜」と褒められて…。写真て世界共通でなんだか素敵だな、と思い2017年1月頃からはじめました。 

本当に写真って非言語だから世界を通じるので素敵ですよね。Snapmartを始める前はもともと写真やSNSをやられていましたか? 

いえ、写真もSNSもやっていませんでした。 
そもそも自分の事を話したり発信するのは苦手なので、まさか自ら手を出すことになるとは…思ってもいませんでした。 
写真は、snapmartを始める2年前位にPTA広報誌の為に1年間学校行事のたびに撮っていたのと、あとは出かけた先で家族を撮るくらいでした。 

初めて売れた写真はこちらですね。写真が売れ始めてどう思いましたか? 

わっ、ホントに買ってくれる人がいるんだ…と驚きました。そしてジワジワと嬉しさが。 

▼Snapmart始めたて2017年2月の写真

よく撮られているのは、テーブルフォトが多いですね。 もともと料理がお好きなのでしょうか? 

好きな方だと思います。ただ、毎日のことなので、疲れている時などは誰か作ってくれないかな〜と思うことも。基本、簡単・時短・手抜き料理です 笑。 

使うカメラと加工アプリ

使っているカメラ、レンズは何ですか? 

カメラ:Canon EOS kiss x8i 
レンズ:タムロン16-300m 
レンズを交換するのが面倒なので、広角からズームまで撮れるレンズ使ってます。

写真の加工は何を使ってますか?

主に、スマホアプリのsnapseedです。
たまにMIX、beauty Plus、VSCO、foodieも。 

▼加工前

▼加工後

moririnmamaさんは、すでに10回以上アンバサダーに応募いただいているんですね。フォトコンテストやアンバサダーに参加してどう気持ちが変わりましたか? 

少しずつ、アンバサダーに選ばれたり入選を重ねるたびに少し自分に自信が持てるようになりました。趣味はなんですか?と聞かれたら、今なら自信を持って「写真です!」と答えられます。 
また、カメラや写真の撮り方についてもっと知りたいと思い、調べるようになりました。 

▼富士フイルム様主催アスタリフトアンバサダーの応募作品がWEB広告で出てきた時

▼アンバサダーレールデュサボンで受賞した時のコメント

撮影時に気をつけていること

アンバサダーの応募写真を見ると、かなり写真のクオリティが毎回向上していると感じますが、具体的にどういう流れで撮影をしていますか?

①撮影小物の準備
インスタやピンタレストで参考構図を探し、企業のHPやオフィシャルSNSなどでカラーや理念などを調べてスケッチ、メモしています。

▼Pinterestで参考にした写真/moririnmamaさんが撮影した写真

その上で、小物は、花は本物に近いビジュアルの物を、その他の物もなるべく値段以上に見える物を100円ショップなどで購入しています。 

壁紙が便利」というのを知り、購入・使用しています。  

②撮影環境
ライティングは窓際で白いカーテンを1枚挟んだ自然光で、部屋の電気は消します。光の方向は横からか逆光気味がお気に入りです。 
ある時レフ板の重要性を知り、今は必ず使っています。100均のスケッチブックと冬に窓際の冷気を遮断する発泡スチロールみたいなやつ…ですが 笑。 

③2つの撮影パターンで撮影
カメラは初めはクリエイティブオート(CA)から始め、今は絞り優先モード(Av)※を使っています。 
※絞り優先モード:レンズのボケを手動で設定できるモード。それ以外のシャッタースピードなどを自動でカメラが設定してくれる。 

(1)被写体が歪まないように、あまり近寄らず望遠気味で撮影
・F値は5.0〜6.0の間 
その時に使える一番低い値を使います。 
一番気をつけていることは「ピント」です!こればかりは後で修正が効かないので。
・ズームは大体70〜100mm が多いです。 


(2)俯瞰撮影の場合には絞って撮影
・F値10〜13 
▼俯瞰で撮影した写真
 
▼ネスレフォトラテ受賞作品

すごい。そこまで考えて準備して撮影されているのですね…!

Snapmartで写真を始めてから変わったこと

Snapmart以外で生活で写真を通じて変わったことはありますか?

子供のサッカーの試合や運動会の姿を以前より綺麗に残せるようになりました。 
また今年は息子のサッカーの試合姿だけでなく、同学年の子供たちの試合中の写真も撮り、日頃の感謝を込めてネットアルバムにあげました。 
今まで集合写真はあったのですが、試合中の写真がなかった事と自由にダウンロード出来る事もあって、喜んでもらえたように感じています。 

それは嬉しいですね。そういえば、株式会社吉村さんからからの依頼でフィルターインボトルの撮影をされていましたね。写真もとっても素敵でした…!

ありがとうございます。クリエイターとして、仕事としての撮影にもう少し挑戦してみたいです!

moririnmamaさん、たくさん教えていただきありがとうございました!これからもよろしくお願いします。

 



▼「Snapmart」で写真の販売・企業からの撮影依頼を目指したい方はアプリをダウンロード♪

▼写真購入・撮影依頼を相談したい方

moririnmamaさんの写真素材を見る

Snapmartクリエーターに商品撮影を相談したい方はこちらから

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSnapmartをフォローしよう!