素材販売のルールについて

いつもスナップマートをご利用いただきありがとうございます。

今回はクリエイターの皆様に素材販売において遵守いただきたいルールをご説明します。

写真にはいくつか「権利」が存在するのはご存知ですか?

知らぬ間にそれらの権利を侵害するような写真を販売してしまうと、思わぬトラブルに繋がる可能性がありますのでよくご確認ください。

1:著作権
2:肖像権
3:不適切コンテンツ

 

1.「著作権」

原則、実際に撮影を行なった人に属する権利

スナップマートでは登録しているクリエイター様ご自身が著作権を持っている素材のみ販売可能としています。

フォトスタジオで撮影した写真など、自分以外の第三者が撮影・制作した素材を販売することは著作権侵害にあたるため、絶対におやめください。

2.「肖像権」

写真に含まれている個人が特定できる被写体に発生する権利

スナップマートでは、被写体の許可無く勝手に販売したり、広告に使用することはできません。そのためストック素材への使用を、被写体の方に同意してもらうための「モデルリリース(肖像権使用同意書)」の取得が必要です。

モデルリリースが取得できない写真の販売はおやめください。

 

3.その他の商用素材として販売に適していない素材 

【不適切なコンテンツの例】

(1) わいせつ、暴力、その他公序良俗に反する内容を含むもの

(2) 商標、ブランドロゴ、キャラクター、広告(ポスター等)、商品(CD、DVD、書籍等)が主要な被写体として写っているか、又は識別ができるもの

(3) 著作権保護期間内の美術品(絵画、彫刻等含む)を含むもの

(4) 個人を特定できる人物が写っており、肖像権の使用許諾が取得されていないもの

(5) 撮影、もしくは販売に際して許可が必要となる第三者が管理する施設、動物、物品等について、当該管理者又は権利所有者の適切な許可を取得していないもの、又そのような許可を取得せずに撮影が行われたもの

(6) コンテンツとして不適切な文字掲載や加工がされたもの

(7) その他、当社が、本サービス内での販売に適さないと判断したもの

なお、出品可能な写真であるかどうかをスナップマートで判断することはできかねます。

利用規約を遵守し、ご自身の自己責任に基づき、問題のない素材を販売していただくようお願いいたします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSnapmartをフォローしよう!