「認知拡大施策」にばかり注力していませんか?株式会社b-ex様Snapmartアンバサダー比較事例

SNSで新商品のPRを考えた時に施策の候補に挙がりやすいのがインフルエンサーPRです。

新商品のPRのために「フォロワーの多いインフルエンサーにお願いしないと!」と考えている方も多いのではないでしょうか。

一方、SNSを運用していく上で重要視されてきているのがUGC(User Generated Contents)、いわゆる「一般の方の口コミ投稿」です。

UGCは、企業や広告発信ではないリアルな感想での投稿であるという点で信頼度が高いと言われています。そのため検索・購入などの行動転換にも繋がりやすく、近年重要な指標として掲げる企業様も増えています。

しかし、「リアルな口コミ」を行う投稿者は必ずしもフォロワー数が多いわけではなく、影響力も見えにくいため、「やはりフォロワー数が多いインフルエンサー施策にしよう」と判断されるケースもあるのではないでしょうか。

そこで今回、株式会社b-ex様にご協力いただき

・インフルエンサー
・スナップマートアンバサダー(以下、アンバサダー)

それぞれのInstagram投稿のインサイトを比較し、数値にどのような違いがあるのか検証しました

 

00.  前提

インフルエンサーとアンバサダーの違いは以下の通りです。

また、今回インフルエンサーと比較している「アンバサダープラン」とは、クライアント様が提示したテーマに合わせてスナップマートクリエイターが撮影し、写真や動画の納品とSNS投稿を合わせて行うプランです。

・商品やサービスの認知拡大
・UGC創出
・写真・動画素材収集

等を目的とした実施が可能なサービスとなっています。(詳細資料はこちら

01.  実施内容

株式会社b-ex様の人気のサロン専売品ヘアケアブランド「ディープレイヤー」から発売する新商品の認知を発売前から高め、発売時には商品の感想をInstagram上に蓄積させておくことを目的に、同一の期間・ハッシュタグにてインフルエンサー、アンバサダーによるPR投稿を実施。

商品の特徴や魅力、使用感などを訴求しました。

アンバサダー募集記事はこちら▼


※人数は実際の実施人数。調査結果の数値は、それぞれ同額で実施したケースとして数値換算しています。

02.  調査結果

投稿数は以下の通りになりました。

02-1.インフルエンサーのリーチ数はアンバサダーの8.4倍

投稿のインサイト上でのリーチ数を確認したところ、リーチ数は、インフルエンサーがアンバサダーの8.4倍の数値を獲得。

リーチで測る認知拡大には、インフルエンサーが効果的だといえます。

 

ただし内訳を見てみると、下記のグラフのように、4名中2名でリーチ数の8割以上を獲得しています。リーチを獲得するには、インフルエンサー選びを適切にする必要があります。

今回のディープレイヤーの商品の場合は、美容系のインフルエンサーよりも、カップル/夫婦インフルエンサーの方が多くのリーチやエンゲージメントを獲得することができました。

カップル/夫婦インフルエンサーの方が、ライフスタイル全般を投稿する傾向が高く、そのライフスタイルの文脈の中での商品紹介がより自然だったため多くの反応を得ることができたと推察しています。

02-2.同じ予算でのアンバサダーの投稿数は、インフルエンサーの約5倍

 

同じ予算で、インフルエンサーとアンバサダーを実施すると、PRをお願いできる人数はアンバサダーがインフルエンサーの3倍。Instagramへの投稿数はアンバサダーがインフルエンサーの約5倍になりました。

アンバサダーは自らの意思でアンバサダー活動に参加しているため意欲が高く、投稿の回数が多い傾向があります。(これまでのアンバサダーの平均投稿数 1.5投稿/人)


新商品のプロモーション施策をする際に、上のマーケティングファネルの中でリーチが影響する「認知」や「興味・関心」の部分も大切ですが、その先の「比較・検討」のフェーズを考えた時に、SNS上に新商品の口コミがある程度の量、蓄積されていることが大切です

 

またその口コミも、様々なライフスタイルの方からの投稿があることで、商品をSNSで検索した消費者が自分のライフスタイルや自分が持っている悩みと似た投稿を参考にし、購入の後押しをすることが可能です。

アンバサダーのInstagram投稿事例/前髪が気になっているという悩み▼

アンバサダーのInstagram投稿事例/子育て中のライフスタイル▼

02-3.アンバサダーのエンゲージメント率はインフルエンサーの13倍

エンゲージメント率=(いいね+コメント+保存)/投稿のリーチ数

サントリースピリッツ株式会社様での数値比較事例オルビス株式会社様での数値比較事例同様に、アンバサダー投稿はインフルエンサー投稿よりも、エンゲージメント率が高く、今回は13倍のエンゲージメントを獲得しました。

アンバサダーのエンゲージメント数もインフルエンサーと比較して1.65倍という結果になりました。

 

アンバサダーは身近な人との繋がりが多いため、投稿を見た人にとって信頼できる情報として反応が高まる傾向があります。

いいね、コメント、保存などのエンゲージメントは、興味関心の表れでもあり検索や購入などの行動転換に繋がる可能性があるため、リーチ数だけでなくエンゲージメント率も重要な指標です。


02-2でも示したように、「比較・検討」のフェーズで、SNS上の口コミが量(投稿数)と質(エンゲージメントの高い投稿)の両面から発生させることができるのは、アンバサダー施策のメリットだといえます。

03.  まとめ

同予算でインフルエンサーとアンバサダーを実施しインサイトを比較した結果、

・インフルエンサーのリーチ数はアンバサダーの8.4倍
・同じ予算でのアンバサダーの投稿数は、インフルエンサーの5倍
・アンバサダーのエンゲージメント率はインフルエンサーの13倍

ということがわかりました。

予算があればあれもこれもと様々な施策を打つことができますが、「限られた予算の中でどう効果的に施策を打つか」は多くの企業様で挙げられることではないでしょうか。インフルエンサーとアンバサダーのそれぞれの特性を理解した上で、施策を考えていくことをオススメします。

特に、新商品のPRでは認知拡大施策に注力してしまいがちですが、認知拡大後、消費者がSNSで商品を検索し、比較・検討することを踏まえて、プロモーション施策を組み立ていくことも大事だとスナップマートは考えています。

 

アンバサダープランは

・比較・検討に繋がるUGCを増やしたい
・写真や動画素材も大量に収集したい

といったご要望をお持ちの、化粧品、食品、飲料、商業施設やホテルなど幅広い業界の企業様に多数ご利用いただいています。

SNSの施策を検討中の企業様はぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

 

その他、下記2社との数値検証事例もぜひご覧ください。

サントリースピリッツ様/チューハイ「クラフト-196」

オルビス様/スキンケア「クリアフル」

フォロワー数が多ければリーチ数も多いって本当?アンバサダー投稿との数値比較<オルビス株式会社様実施事例>