【User Interview】楽しむだけでなく「誰かが必要としてくれている」という価値

 

写真がスマホから売れちゃうプラットフォーム「Snapmart」の村上です。

スナップマートは、日々ユーザーさんに対して、写真がもっと楽しくなる場所と、ユーザーさんと企業様との出会いのステージを提供していきたいと思いながら、運営しております。

本日も、素敵な才能を発揮してくださっているユーザーさんをインタビューをしたので、ご紹介いたします!

お話をお伺いしたのは occadaaさん

occadaaさんはSnapmartでのアンバサダー企画が始まった頃から、様々な企業のアンバサダーとして商品写真を撮影してくださっており、その写真がとても素敵で企業様からも好評だったので、アンバサダーからステップを1つ上げてもらい、指名で企業の商品撮影を行う「Snapmartの認定クリエイター」になって頂きました。
その認定クリエイターとしてのお仕事の納品が完了した記念にインタビューをさせて頂きます。


occadaaさんのSnapmartでの販売写真

【今でも実は全然売れない月もある】

-occadaaさんは普段は何をされているんですか?
教育関係の仕事をしながら、副業で前撮りやアニバーサリーフォトのフォトグラファーをしています。

-スナップマートを始めたキッカケを教えてください。

結構前なのでうろ覚えなのですが、まとめサイトか何かでリリースしたことを知り、面白そう!と思いすぐ登録してみました。

-スナップマートで毎月何枚くらい売れてますか? 

正式リリース直後からやっていますが、正直まだあまり売れていません(笑) 月に数枚売れるときもあれば、一切売れない月もあります・・・

-意外です!!売れている写真はどのようなジャンルの写真ですか?

私の撮った写真で売れているのは、オールドレンズなどを使用して撮影したものや、デジタル写真をフィルム調にレタッチしたものフィルムカメラで撮った写真の割合が若干多いです。 パキパキのデジタル!という写真よりも、ふんわりやわらかい彩度もコントラストも低めな写真の方が(ほんの少しですが)多く売れているので、自分が撮るフィルムカメラ(またはフィルム調)の写真の雰囲気が需要と マッチしているのかもしれません。


このような写真ですね!
occadaaさんのアンバサダーでの商品撮影がすごく上手くて、今回Snapmart事務局の方から、企業からの指名で商品撮影をするブツ撮りライトの「認定クリエイター」にお声がけをしました。



株式会社マンダムさん主催「ビフェスタ」アンバサダー の際に、
occadaaさんがに撮影して下さった写真

【企業からの指名の仕事を経験してみて…】

-ブツ撮りライトの認定クリエイターとしてスカウトされてどう思いましたか?

とても嬉しかったです!!また、自分に少し自信がつきました。 今までは、写真を撮るにしても、ただ“楽しいから”、“思い出作りのため”に、と言った、自己満足のようなものだったのです。

それが、Snapmart でのフォトコンテストでの入選や、その他仕事としての依頼をいただけるようになりました。自分がただ楽しむだけでなく、“誰かが必要としてくれている”という付加価値が加わった ことがただただ嬉しかったです。

-企業からの指名での撮影仕事をしてみてどうでしたか?

普段撮る写真は、基本思うままに撮っているのですが、“商品を撮る”ということで、その商品のイメージカラーに合うものや、その周りに置く小物なども意識して撮るようになり、普段は気にしないこと(笑)もちゃんと 気にして撮る、などと勉強になりました。


こちらがoccadaaさんが、テレビショッピング研究所様から依頼を受けて、撮影をした「フローレス」というコードレス電気シェーバーのお写真です。

ブツ撮りも使用シーンもとても素敵でした。
納品したお写真は、下記のように商品紹介動画などでも使われています。


▲イメージムービー

【他の誰かではなく、自分に】

-スナップマートで写真が売れる喜びと、ブツ撮りライトで納品した写真が使われている喜びで何か違いはありますか?

どちらも、とっても嬉しいのですが、敢えて違いを言うとしたら・・・。

自分がマーケットプレイスに出品して売れた写真は、恐らくたくさんある写真の中から、“この人の写真”だから買うというよりも、あるテーマの写真を探している中で目に付いて、求めているものとマッチし、良いと思ったから買っていただけたということが多いのではないかと思っています。

しかし、ブツ撮りライトは、撮影の案件の案内が来たとき、複数名が名乗り出た中で、企業の方から指名して依頼をいただけます。他の誰かではなく、自分に。私にとってブツ撮りライトは、この部分がマーケットプ レイスから写真が売れたことよりも更にワンステップ上の嬉しさを感じさせてくれるのだと思います。

【Snapmartを始めたばかりの人達へ】

-最後に、Snapmartを始めたばかりの人にメッセージをお願いします。

スナップマートを始めてすぐに 1 枚売れただけで、そこから 1 年以上何も売れていませんでした(笑)スナップマートの仕組みは面白かったけど、自分の写真は需要がないのかな?と思い、暫くあまり積極的に出品してい ませんでした。ですが、コンテストなどテーマが決まっているもので、“あ、このテーマに合う写真あるぞ!” と、少しずつまた出品をはじめたら、コンテストでたまに選んでいただけるようになりました。

まずは、出してみないと何も始まりません。好きこそものの上手なれ!の精神で、楽しく、色んなものに触れて、見て、試して、 まずは、スマホにある写真を出品してみてください!それが、未来の何かに繋がるかもしれません。

ありがとうございました!

【「写真で企業から仕事が欲しい」と思っている方々へ】


Snapmartでは、
・写真を出品
・フォトコンテストに参加
・アンバサダーとして商品撮影
・企業からの指名での撮影
などのステージを準備しています。
是非、スナップマートのアプリをダウンロードしてご活用ください。

応援しています!

=============================================
スナップマートのユーザーさんに商品撮影をお願いしたい企業さまは
こちらの記事もご参考まで。

【スナップマートのアプリをまだダウンロードしていない方】

スナップマートはスマホで写真が簡単に売れるアプリです。
企業様からのアンバサダーの依頼も増えています!
これをきっかけに気軽に写真を出品したり、コンテストに参加してもらえると嬉しいです😄

 

▼「Snapmart」iOSアプリ❤

 

▼Snapmartの新着コンテスト情報・事例紹介情報を発信しています。
出品者向き

購入者向き


▼この記事のシェアはこちらから

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSnapmartをフォローしよう!