【初心者ユーザーさん向け企画】第5弾 写真ど素人でも売れた!スナップマートで写真が売れるまで

こんにちは、インターン生の浅野です。
初心者ユーザーさん向け企画第5弾!

 

なんとなんと!!
写真が一枚も売れたことのなかった私でしたが…

 

 

この前初めて購入いただきましたー!!わーい!
同じタイミングで2枚も売れて(別々の企業さま)、その後もう2枚売れました💓

初めて売れた通知が届いたとき、すっごく嬉しかったです!

 

そんな今回は「写真ど素人でも売れた!スナップマートで写真が売れるまで」をテーマに、写真撮影のために気をつけたことをお送りしたいと思います。

 

 

目次
①メディアの記事を具体的にイメージ
②同じ色合いのものを家中から集める
③とにかく自然光で撮影する
④加工を施す
番外編:購入者さんの声をキャッチ!

 

 

①メディアの記事を具体的にイメージ

10月後半に入社し、お世話になっている村上あゆ美さんとこんな目標を立てました。
「今年中には1枚以上売ろうね!」

 

旅行が大好きな私。各地でたくさん写真も撮っているので、頑張って出品さえしていればヨユーで売れるだろうと思っていました。

がしかし!せっせと出品するも売れないのです。

私こういう田舎風景が大好きなんですけど、ありきたりなショットすぎて私のこの写真を購入する理由がないんですよね。

 

また、東京タワーや恵比寿ガーデンプレイス、定番観光スポットなどはもうすでにいい写真がたくさん出品されているわけですよ…

(とは言っても、最近売れた写真を見ると
「同じような写真私も持ってたーー出品すればよかったー」と思うことも多々あるので、後悔しないよう出品しておいた方がいいです!)

 

 

「やばい、このままでは写真が売れないんじゃないか!?」
そう思って一念発起、求められる写真を撮ってみよう!と思うようになりました。

そこで大事な視点が、写真が使われるシーンを想像することだと思います。

 

一番想像しやすいのがメディアではないでしょうか?
第1弾でも書いた通り、スナップマートの写真を購入しメディアに使ってくださる企業様は多いです!

▶︎【初心者ユーザーさん向け企画始動】第1弾 どんな写真を出品すればいいの⁉︎

 

 

例えばこの写真は、「おすすめヘアケア用品●選」「毎朝のヘアセットはどうしてる?」みたいな女性向け記事のアイキャッチ画像をイメージしました。

 

こっちの写真は、年末なので「大掃除のコツ」「大掃除の便利グッズ」みたいな記事のアイキャッチ画像をイメージしました。


さらに、お掃除グッズ写真で可愛い色のものって少ないなあと思ったので、女性向けメディアを狙えないかなあと!

下の写真は売れては無いのですが、同じように「家計簿・経理・ファイナンシャルプランナー」などのコンセプトでも、可愛らしいピンクのものがなかったので撮ってみました。(需要ないかなあ〜)

 

こちらは最近売れたもの!
初期くらいに撮影したのですが、シンプルに「お肌のスキンケア」「おすすめ化粧水」みたいな記事をイメージしました。

イメージするには、実際にウェブメディアをのぞいてみるのがいいかもしれないですね!

 

 

②同じ色合いのものを家中から集める

撮影したいものが決まったら、撮影するもの探し♪

もちろん生活で実際に使っているリアルさが大事だったりしますが、どうせ撮るなら色合い合わせた方がいいかな〜と思ってかき集めました。

 

上の写真たちを見ていて、「ピンクだらけだな!」と思った方も多いはずです。

ヘアケア用品はほとんどピンクだったというだけなのですが、妹(JK)から勝手に借りたりして同じ色合いのものを集めて撮影しています。

上のヘアケア用品の写真に一つだけシルバーのアイロンなんかが入っていたら浮きますよね…

 

写真初心者に難しいのが、構図もそうですが「色合い」や「テイスト」だと思います。
色さえ合わせてしまえば写真が締まるのでおすすめです!

 

 

③とにかく自然光で撮影する

私が初めて置き画を撮影したとき。

 

今の時代写真加工アプリでどうにでもなる!なんて思っていました。(写真ど素人)
左は夜の20時、右は朝の8時くらいに撮影したものです。

自然光なだけでぜんっぜん違う!!!
あと何がダメって、私の部屋の照明がオレンジなのですよ…

 

▶︎テーブルフォト初心者のための3つの基本 |  Ayumi @ayumisns|note(ノート)
▶︎アンバサダー受賞経験者に聞いた!テーブルフォト撮影の3つのポイント

この記事にもある通り、自然光であることは基本だそう。
また、電気を消すことも大切です!!

 

写真の光の入り方って難しいですが、今試行錯誤しているのも楽しいです。
(あと、寒い朝に体を起こす&朝日を浴びるきっかけにもなるのでおすすめw)

 

 

④加工を施す

やっぱり加工は大事でした!!
何も加工していないままだと、暗さ・色味がイマイチなんです。

そして一番大事なのが「ロゴを消す」という作業です。

特に置き画だと、様々な製品を撮影することになると思います!
その場合、企業名・ブランド名がわかるお写真は「クローズド販売」の対象となってしまいます。

 

<クローズド対象写真>
1.企業のロゴマークなどの商標が写り込んでいる写真
2. 私有地で撮影された写真
3.寺社仏閣・有名建築物が写り込んでいる写真
詳しくはこちらをご確認ください🙇
https://faq.snapmart.jp/seller/465

クローズド販売にすると該当の企業さんにお写真を買われる可能性があります。
企業さんの広告写真になどに使ってもらえるチャンスです!!

ここで注意⚠
クローズド販売の時は会社名、商品名、建物名を必ず入れてください。
購入した経験のある企業様はやはり企業名、商品名で写真を検索してお写真を購入していました。

 

私が使っているのは、無料アプリの「Snapseed」です。

↑こんなアイコン。

これは無料なのに優秀です!
[シミ消し]機能でロゴの部分だけを消すことができます。

▶︎最強の加工アプリを発見!「Snapseed」の賢い使い方

 

 

ユーザーさんの間では「Retouch」という有料アプリも話題です♪

 

シミ消しや加工についてはまた違う記事でも改めて書こうと思います!

 

 

番外編:購入者さんの声をキャッチ!

最近売れた4枚のうち、1枚は完全に「購入者さんの声を見かけて撮ったもの」なんです。

 

スナップマートの写真をメディアで使ってくださっているFULL HOUSE様。
あみさんは、出品者&購入者 両方としてスナップマートを愛用してくださっています!

ツイッターでリアルな声を聞くことができるので、このお題に対して答えるようにマスキングテープの利用方法を考えてみました♪

 

こちらが購入いただいたものです!

マスキングテープはたくさん持っていたものの、写真ではわかりにくい柄・著作権が引っかかりそうな柄ばかりだったので、
唯一マスキングテープとしてわかりやすいドット柄を撮影してみました。

 

 

実際に写真が使われている記事もすぐにシェアしてもらえるので嬉しさ倍増です!

「こういう写真が欲しいな〜」という声と、出品者さんがもっとつながっていけると面白いかもしれないですよね♪

 

 

以上、「写真ど素人でも売れた!スナップマートで写真が売れるまで」でした!

これからも写真頑張ってみようと思います♪
写真初心者様、一緒に頑張りましょう〜!

 

 

 

▼写真が売れるコツなどの出品者向けブログも随時公開しております❗
https://info.snapmart.jp/

▼Snapmartの新着コンテスト情報・事例紹介情報を発信しています。
SNSで売れるコツをこっそり発表することもあります!ぜひフォローをお願いします👶

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSnapmartをフォローしよう!